千葉県の花き生産者が、切り花、観葉、鉢花、鉢植木、お客様に喜ばれる花と緑を提供

2011rireki

ちば花と緑の展示会inかずさアカデミア~開催

 卸売、小売店、フラワーデザイナー他業界関係者の皆様
 
当会は、今年2月で設立6周年を迎えます
花と緑の生産者紹介も9回を数え、今年は記念すべき10回目の開催となります

今年も昨年から引き続き、春の展示会を、
平成24年2月13日(月) 14:00~16:50
ちば花と緑の会会員により、

会場も新たに、木更津市 かずさアカデミアホール

ちば花と緑の展示会inかずさアカデミアを開催します

2012春の新企画! 新春の千葉から、花と緑を紹介します

早春の切花、春を待つ 鉢花、観葉、鉢植木とご来場お待ちしています!!

今回は、内房の緑に囲まれた、リゾート気分いっぱいの会場で
花と緑をもっと多くの方々に楽しんでいただいくために、
何が必要か、じっくり皆様と話し合いたいと思います!!

なお、ご参加は業界関係者の方で、事前にお申し込みいただいたかたとなっています

詳しくはこちらのファイルをご覧下さい
 ご案内 
 ポスター 
 会員名簿 

問い合わせは、info@hanami-chi.net

2011春ポスター

シクラメン里親プロジェクト シクラメン最終報告

はなみちシクラメン里親プロジェクト 」の最終報告です

12月8日(木)はなみちサポーターである佐倉の萌木さん、松戸のいなとめさんが、
シクラメン親元の”フラワー工川園””前林園芸””愛花園””田村園芸”のハウスを、
各店舗の「1番綺麗な出来の里親さんにプレゼントするシクラメン」を預かるために、回りました。

各お店に寄せられた里親さんのシクラメンの写真を、親元さん農家と相談の上、プレゼント先の決定も行いました。

追肥や夏越しなど、一般家庭では、なかなか難しいですが,皆さん楽しくチャレンジいただきました ありがとうごます。シクラメンに新めて愛着がわいてくれたらいいな!!

それでは、里親一番になった皆様、親元からのシクラメンお届けするのでお楽しみに!

イナトメさん、前林園芸前林陽介、萌木さん
イナトメさん、前林園芸前林陽介、萌木さん

前林園芸から萌木さんへシクラ園贈呈!!
前林園芸から萌木さんへシクラメン贈呈!

田村園芸贈呈のシクラメンをもつイナトメさん
田村園芸贈呈のシクラメンをもつイナトメさん

フラワー工川園贈呈のファンタジアとハピネスママ
フラワー工川園贈呈のファンタジアとハピネスママ

イナトメさん1番 Mさん
イナトメさん1番 Mさんシクラメン

萌木さん1番kさん
萌木さん1番 kさんシクラメン

はなみちシクラメン里親プロジェクトブログも更新中 コチラ

シクラメン里親プロジェクト参加店 
花の店 萌木さん
佐倉市の花屋さん

FLOWERSHOPいなとめさん 
松戸市の花屋さん、最寄り駅は上本郷駅

(有)高橋植物園さん
白井市の花屋さん パンジーは自分で生産販売

ハナソウさん
千葉市おゆみ野の花屋さん

花と緑の生産者紹介2011intちば 盛況開催!!

 10月26、27日「花と緑の生産者紹介2011inちば」商談会、農場見学会が、ゲスト138人、関係者見学者34人、出展生産者109人、計280人あまりの参加により、盛況のうちに開催できました。ご来場の皆様ありがとうございました

今回のテーマは「震災による花き業界の変動に負けないで がんばろう千葉の花と緑!」
千葉県でも地震の被害が多く、第1回の生産者紹介の開催地である旭市を会場に、震災からの復興を願い開催しました。

地元での7年ぶりの開催となり、様々なグリーンと花々のディスプレイがゲストをお迎えする会場は、植物のある空間の優しさを改めて感じさせる空間となりました。

市場さんをはじめたとしたゲストは、リピーターも多く、実質的な商談もスムーズに行われる会となりました。また業界関係者の情報交換の場としても盛況でした。

詳しくは、コチラ? 
画像の説明 
会場入口 花と緑のディスプレイ

画像の説明
フルールセゾン 小林久夫実行委員長あいさつ

画像の説明

花と緑の生産者紹介2011inちば 農場見学会コース決定!!

平成23年10月27日(木)実施の農場見学会のコースが決定しました
出発 8:30 旭市黄鶴(両コースとも共通)
参加費1人2000円(昼食付き) 事前申し込みが必要です
<鉢物コース>
8:30黄鶴発
9:30~10:00高橋園芸(九十九里町・観葉)
10:30~11:00フラワー工川園(東金市・鉢花)
11:20~11:50柏熊園芸(匝瑳市・観葉)
12:00~12:50昼食
13:20~13:50前林園芸(多古町・鉢花)
14:15~14:45愛花園(旭市・鉢花)→15:00黄鶴着

<切花コース>
8:30黄鶴発
9:00~9:30鎌形園芸(東庄町 ガーベラ)
10:00~10:30フラワーハウスオザワ(旭市、カーネーション、トルコギキョウ)
11:00~11:30フルールセゾン(旭市、ダリア・マム)
11:50~12:40昼食
13:40~14:10丸朝農協(芝山町、マム・サンダーソニア)
14:30成田駅→15:30黄鶴

なお、10月26日商談会の出展者はこちら 

シクラメン里親プロジェク葉組体験!!

 10月2日 「はなみち シクラメン里親プロジェクト」の一貫で、はなみちサポーター店”FLOWERSHOPいなとめ”さん(松戸市)のお店で、葉組体験講習会を実施しました。
 消費者の皆さんにシクラメンの小さい苗から花が咲くまで施肥 葉組み 水やり などを体験していただいて生産者の出荷までの作業をプチ体験していただいてます。詳しくは、FLOWERSHOPいなとめHPをご覧下さい。またプロのシクラメン管理状況はコチラをご覧下さい

第9回花と緑の生産者紹介2011inちば 開催します!!

 卸売、小売店、フラワーデザイナー他、花と緑を仕事で使ってみたい業界関係者の皆様

 平成23年10月26日(水)商談会 11:00~17:00  
                          旭市ヒューマンプラザ黄鶴  
         27日(木)農場見学会 8:30黄鶴集合

 ”第9回花と緑の生産者紹介2011inちば”   を開催します。

ちばの花き生産者が有志で集まり、
自らの時間とお金を出し合い、
自分のお客さまをお互いに紹介しあい、
情報発信しつつ、
販路を開拓する
・・手探りで続けてきた手づくりの会も取り組んで9年目になりました!

今回のテーマは「震災による花き業界の変動に負けないで がんばろう千葉の花と緑!」

首都圏に隣接する千葉は、多様な消費ニーズに応えられる豊富な花と緑があります。
ちば花と緑の会では、県内生産者に呼びかけ、旭市の復興支援を願い、第1回の開催地である旭市を会場に、「花と緑の生産者紹介2011inちば」を開催します。    

今回は、この震災による花き業界の変動に負けないように、生産者がお互いに力を合わせて、全国第2位の千葉から、「お客様に喜ばれる花と緑」の情報発信をします。

 昨年の会場の様子は、コチラ 
 
 
 対象は、卸、仲卸、小売店、デザイナー他、仕事で花と緑を使ってみたい業界関係者で事前申し込みいただいた方です。

詳しいゲスト案内は、コチラ

詳しい日程・ゲスト参加申し込み様式は、こちらからダウンンロードできます 
問い合わせ info@hanami-chi.net

参加生産者も募集中!!

詳しい生産者募集内容は、コチラ 

生産者募集案内様式はこちらからダウンロードできます  

この生産者紹介の特徴は!   

1 生産者が自ら実行委員を組織して準備企画している商談会です。
 イベント会社は使わず、経費は最小限でゲストの方々への生産者の思いを伝えたいから、体と時間使ってます。
 出展者説明会&講演会を10月11日16:30~黄鶴で行います。講演は、ちば花と緑の会顧問”千葉大安藤先生”です。出展者の皆様ご参加下さい

2 実行委員会には、60~50歳代のベテランから、20歳代の若手まで、世代を超えて、集まって、昨今の農業花業界の情勢や、中古資材の情報交換、生産技術まで、イベントの企画しながら勉強してます

3 切花、鉢花、観葉、洋ラン、鉢植木などバラエティーに富んだ生産者が参加しています。お店に並ぶものは、すべて揃う!! 
 集まるお客さまも、南は九州から北は北海道まで、卸会社の切花担当から鉢物担当、仲卸、小売店、ギフトの企画会社、量販店、運送会社さまざまです。
 自分たちの口コミで集めるお客さまなので、ターゲットは絞りきれませんが、思わぬ出会いの場(お客さま同士も)になってきました。

4 とにかく参加する生産者・ゲストの皆様が注いでくださる力がこの会の原動力です!! 回りの環境に自ら行動することで立ち向うかた、一人でがんばるだけなく、集まる力を試してみませんか。  
 

昨年(2010年)の参加ゲスト名簿はこちらから     

ポスター  

ちば花と緑の会2011 夏の農場見学会を開催

7月29日、ちば花と緑の会の鉢植木、鉢花の農場見学会を行いました。
 夏の見学会は、今年で6回目。例年になく時々小雨の降る涼しい1日でしたが、なんとか天気ももって、60名余りのゲストと生産者の家族も含めて、総勢90名を超える参加がありました。皆様ご参加ありがとうございました。 
 展示内容の詳しい紹介はコチラ

公開農場紹介   

開会式 飯田夏の農場見学会代表あいさつ 
開会式 飯田グリーン 夏の農場見学会代表よりあいさつ 
ゲストには、ご覧の麦わら帽子が配られました

ニンジンボクプルプレア
今回の新商品 注目樹種 ニンジンボク・プルプレア

シクラメン里親プロジェクト始まりました

 6月9日(木)はなみちサポーターの、萌木さん、イナトメさんが、当会員の”フラワー工川園””前林園芸””愛花園””田村園芸”のシクラメンの鉢上げ前の小さな苗を集めて回りました。はなみちサポーターさんのお店の客さまに、シクラメンの小さな苗を配布し、育ててみたい里親さんを募集するという企画 ”はなみち シクラメン里親プロジェクト”です
 苗を提供したプロの農家が栽培の疑問には、お店を通じてお答えします。
 はなみちシクラメン里親プロジェクトブログも更新中 コチラ

シクラメン里親プロジェクト参加店 
花の店 萌木さん
http://sun.ap.teacup.com/moegi8783/
佐倉市の花屋さん

FLOWERSHOPいなとめさん
松戸市の花屋さん、最寄り駅は上本郷駅

(有)高橋植物園さん
白井市の花屋さん パンジーは自分で生産販売

ハナソウさん
千葉市おゆみ野の花屋さん

ちば花と緑の会2011夏 農場見学会を開催します!!

 卸売、小売店、フラワーデザイナー他業界関係者の皆様

 平成23年7月29日(金)ちば花と緑の会2011夏:農場見学会 
を開催します。

震災にもまけないでがんばる、元気な植木、鉢花の8農場(11生産者)をご案内!!(雨天決行)
 
公開農場紹介   

ポスター

緑がいっぱいで、空気のおいしい農場で、心の洗濯!森林浴!!

あなたのお店だけの掘り出しもの商品を探しに来ませんか?!

対象は、卸、仲卸、小売店、デザイナーの業界関係者で事前申し込みいただいた方です。

お申し込みはこちらから 

ポスター  

ちば花と緑の会 育種講座Ⅰ を開催

平成23年6月10日 千葉大安藤教授を講師に、「花き生産者の経営向上のための育種講座Ⅰ」を開催しました

会員他、地域の生産者の方々、27人が参加しました

遺伝子を意識して、育種計画をたてるための基礎について講義と育種にまつわる幅広いお話を伺いました

生産者育種とは、花卉生産者が経営の安定のためにする。ローテクで。ハイテクはだめ。経営主がやる(従業員や奥さんがするのではない)。種苗会社に売るのは、自分の首をしめるようなもの。自分で品種登録。

育種はリスキーなもの。育種だけで食べていけない。交配して種を播く。種を播かなければ品種はでてこない。必要な道具はピンセット。

交配には知識が必要、それを学ぶ。資料は難しいが、専門用語を理解するために、ここは説明しておきたい。高校2年生の生物の教科書がわかりやすいので、見ると良い。

次回からは、自分の植物を持ってくる。

画像の説明 

画像の説明

はなみちサポーターさんが現地視察

4月21日 2月から開始した”はなみちサポーター”

花の店萌木さん(佐倉市)
フラワーショップいなとめさん(松戸市)
高橋植物園さん(白井市)
ハナソウさん(千葉市) 
フラワーハウスオザワブログ参照

”ちば花と緑の会”会員をはじめとした花き生産者を現地視察しました。

旭の地震の被害を聞き、店頭での応援フェアーの調査も兼ねて訪問でした

ほ場で商品をみながら、売る立場での率直な意見が飛び交い、若手生産者にとってはよい勉強の場になりました

旭の被災状況についても、思っていた以上に大きな被害に、実際に見に来てよかった、これからできることで応援したいとの、励ましをいただいきました 忙しいところありがとうござます
これからも、交流よろしくお願いします!!

詳しくはコチラ

画像の説明

葛西市場花卉事業協同組合さん研修会へ参加

4月20日 ”ちば花と緑の会”会員生産者13人と千葉県芝山町の丸朝園芸農協花卉部役員8人が、葛西市場を訪問し、花の展示を行い、葛西花卉事業協同組合の研修会へ参加しました

各自が持参した花を展示いただいたあと
花卉事業協同組合役員さんと東京フラワーポート社員さんと
地震後の各店頭での販売状況や母の日をはじめとした今後の見通しについて情報交換を行いました。

地震による被害や、地震後の価格の大暴落と生産調整を余儀なくされるなど、生産者にとっては不安なことが続いています。
今回販売状況は厳しいなりに、花が動いてきていることを直接店頭に立つ花屋さんから聞くことで、がんばらなくてはと気持ちを新たにできました

その後、教育部の講師先生による、展示の花を使ったアレンジメントや花束の実演を見せていただいて、花材の使いかたについてアドバイスをいただきました

夕方からは、事業協同組合主催の母の日むけラッピング研修会を見学し、休み時間には参加した花屋さんとの情報交換も行いました。

事業協同組合の役員の皆様、東京フラワーポート社員の皆様ありがとうございます

詳しくはコチラ
千葉の花を使ったアレンジ実演  事業協同組合役員さんとの懇談会

旭市周辺花き生産者震災復興支援セール開催inフローレツェンティワン世田谷店

4月4日、6日、8日 世田谷市場場内仲卸フローレ21さんの店頭で、”震災復興支援セール”を開催いただきました

地震による液状化で、施設等に被害を受けた千葉県旭市周辺の生産者のお花を、生産者の希望価格でフローレさんの掛け率を抑え出来るだけ沢山売るという趣旨で販売いただきました。参加生産者・団体10件、合計12,000本以上の花を販売していただいきました。

店頭では、大きな看板と被災状況のパネル展示があり、小池社長自ら声を上げて店頭のお客さまへ旭市の状況や生産者の花を守る苦労などご説明いただきました

こんな時こそ業界関係者の支援があることが、生産者の心を勇気づけると思います 

小池社長、現地との調整に当たっていただいた落合さんはじめ、フローレ21のスタッフの皆様ありがとうございます
詳しくはコチラ
フローレ店頭 被災状況写真展示 

フローレツェンティワン小池社長が旭市の地震の被災地を訪問

3月27日、世田谷・大田市場の場内仲卸であるフローレツェンティワンの小池社長、落合さんが急遽旭市を訪れ、3月11日の花き生産者の地震の被害状況について視察、生産者と情報交換を行いました。お忙しい中ありがとうございます。

地震の被害とその後の花の暴落のダブルショックの状況の中、協力できることから支援したいというお申し出があり、4月4,6,8日に、フローレツェンティワン世田谷店頭で、旭市の花の震災復興支援セールの企画を組んでいただけることになりました。よろしくお願いします。
フローレツェンティワン小池社長ブログ
詳しくはコチラ

被災地救援物資受付会場で花のプレゼント

3月22日に行った定例会で、被災地に向けて花で何かできないかとの意見があり、急遽26日に千葉県庁ロビーで行われている個人の救援物資受付会場で、花のプレゼントを会員有志で行いました。

地震で落ち着かない中、花なんてと言われないかと、内心心配して、会場に向かいました。

紙おむつやなどの大きな段ボールや紙の手提げを持った方々次々と訪れ、受付ボランティアの方々から、救援物資を届けた方へ花を配っているのでと案内していただき、お好きな花をと配ったところ、皆さん笑顔で”ありがとう”と言って受け取っていただきました。

ほっとするとともに、自分たちのつくる花の力を改めて知ることができました。

これから、長丁場の震災復興にむけて、花を通じて何ができるか、色々試行錯誤をしていきたいと思います

救援物資を届けた方々、受け取りのボランティアの方々お世話になりました。ありがとうございます。

東北地方太平洋沖地震 お見舞い申し上げます

三陸沖を震源として3月11日に発生した大地震は、東北地方を中心に大きな被害がでています。被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

千葉県でも、津波による人的被害や家屋の倒壊などのニュースもあり、ご心配おかけしております

現在のところ、ちば花とみどりの会員を中心とした花き生産者の人的被害はなく、地震による家屋やハウスの一部倒壊、液状化等によるハウスや水田の被害、停電による霜害など、生産基盤等に対する被害は決して少なくありませんが、あの地震の規模と東北地域の被害状況を考えれば、最小限なのだと思います
販売状況も大変厳しく、市場・仲卸・小売店・運送関係の方々もご苦労が多いとは思いますが、出荷の方も継続しております。

安否不明の方々の早期の発見と、家や仕事の基盤を無くされたり大きな被害を受けられた皆様が
以前のような平穏な日々を取り戻されることを祈りつつ

私たちも、3月11日以前と同じ状況には戻れないことも覚悟し、これから色々なことを見直して、あきらめずにできることからやろうと思います

人を元気づけられる花と緑の力が発揮できるように
がんばりましょう!!

第1回はなみちサポーターはじめました

3月8日 ちば花と緑の会~はなみちサポーター~として登録いただいた千葉県内4件の花屋さんへ、当会員が生産した切り花・鉢物・ポット苗などを、若手3人が届けに行きました

はなみちサポーター登録会員さま(敬称略)
NO1 花の店 萌木
http://sun.ap.teacup.com/moegi8783/
佐倉市の花屋さん

No2 FLOWERSHOPいなとめ
松戸市の花屋さん、最寄り駅は上本郷駅

No3(有)高橋植物園
白井市の花屋さん パンジーは自分で生産販売

No4 ハナソウ
千葉市おゆみ野の花屋さん

この試みは、自分達の商材の素直な感想を花屋さんや消費者の方に聞いてみよう!そして、自分達の商材を売り込もう!というものです
これから、毎月オススメ商品や試作品など、いろいろな花と緑を使ってもらって、新しい商品なども花屋さんといっしょに作り上げていけたらと思います
フラワーハウスオザワのブログもご覧ください

ちば花と緑の会:5周年感謝祭~2011花と緑の展示会in熱春2月~ご来場ありがとうございました

平成23年2月7日(月)
「ちば花と緑の会:5周年感謝祭&2011花と緑の展示会in熱春2月」が、
70名あまりのゲストに来場いただき、盛況のうちに開催できました。ありがとございました

今回は、ちば花と緑の会の会員のみの展示会で、秋にくらべてこじんまりした感はありましたが、
初めての本格的な春の展示会ということで、今まで秋に見せられなかった切花、鉢花を中心に、新たな商品をご紹介することが出来たかと思います。

月曜日ということで、小売店さんの参加は少なかったものの、
市場関係者の方々から、じっくりアンケートでご意見も伺うことができ、中味の濃い展示会となったと思います。

また、ちば花と緑の会5周年を機に 
5年間会長を務め会を引っ張ってきた前林会長が勇退し、
小澤新会長が就任しました。
今後とも「ちば花と緑の会」をよろしくお願いします。

詳しくはコチラ?

前林初代会長 小澤新会長

第9回生産者紹介実行委員長 小林久夫 フルールセゾン カラー全規格商品展示 ブルームネット

フラワーハウスオザワ トルコギキョウラインナップ 越川園芸 オリジナルバラ咲きプリムラポリアンサス 

a:20047 t:3 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.72
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional